昭島、福生の一戸建て、マンション、土地、不動産情報なら株式会社ランディックスにお任せ下さい。
株式会社ランディックス   TEL0120-32-9900
売買物件検索
賃貸物件検索
投資・資産運用
会員限定物件検索
JOY TOWNシリーズ
おすすめ物件情報
学区情報
不動産用語集
ローンシミュレーション
金利比較表
不動産Q&A
購入までの流れ
地域情報
JOY CLUBのご案内
マイホーム取得プラン






7DKの一軒家で初めての一人暮らし



埼玉県川口市で生まれ、県内で何度か引っ越しをしました。与野市に住んでいた14歳の時、8歳年上の兄が独立し、母は自宅から離れた街で自然食のお店を出すことに。僕は当時、すでに子役として仕事をしていましたが、年齢的には反抗期真っ只中でもあり、「一人で大丈夫だから!」と宣言。兄と母のいなくなった7DKの一軒家で一人暮らしが始まったのですが、あっという間に友達のたまり場になり、多い時は10人くらいが寝泊まりしていました。

仕事が忙しくなり、17歳で上京。初めて借りた部屋は、京王線幡ヶ谷駅から徒歩5分の2DK。新宿に近い場所ということ以外、何も考えずに選んだのですが、13万円の家賃が高すぎて、1年たらずで引っ越しました。

次に住んだのが、初台のワンルーム。ここは家具家電付きで、1階にはコインランドリーもあり家賃も手ごろ。気に入って6年間住みました。18歳の頃友人のつるの剛士に「遊びに来いよ」と誘ったら、居ついてしまい、1年間、同居していたことも(笑)。





家は自分をリセットする大切な場所



10年ほど前から、世田谷区内の一軒家に住んでいます。息子たちが独立したので、母と2人暮らしです。母は僕とライフスタイルが正反対。母はとにかくモノを持ちたがり、冷蔵庫3台、パソコン5台を使い分けています。「物がない時代に育った反動よ」と言い訳していますが(笑)。

一方、僕は何も持たないのがベストという考えで、部屋にはベッドと机があればよく、ソファもテレビも本もありません。仕事のなかで精神的なアップダウンが結構あるので、家では頭の中を真っ白にして自分をリセットしたいんです。周りにモノがあるとうるさく感じてしまいます。そんなわけでインテリアには無頓着ですが、唯一のこだわりは引き出しの中を空っぽにしておくこと。机やクローゼットに引き出しがいくつあっても、使うのは1つだけ!新しいものを買う時は、先にあるものをリサイクルに出して処分します。

基本的に、家では寛ぎません(笑)。リラックスしたいときはマッサージ屋さんへ、漫画が読みたいときは漫画喫茶に行きます。



築50年の成果をかっこよくリフォーム



僕は新築より古い家に魅力を感じます。見た目は古いのに中に入ると別世界のように、というギャップが好き。できれば築50年以上で8畳くらいのワンルームを借りて、室内を自分でリフォームして、誰にも内緒の秘密基地にしたいです。

実は去年、ずっと空き家だった築50年超の川口の生家をリフォームしてもらったんです。雨漏りがするほど劣化していましたが、プランニングの段階から工事業者の方と意気投合して、バイク置き場やDIYの作業場にもなるガレージ付きのかっこいい家になりました。なんと今、そこに工事をしてくれた業者さん本人が入居してくれています(笑)。




かあい・がもん
1975年生まれ。埼玉県出身。10歳の時に児童劇団に入団。91年、オーディションを経てTBSの「天までとどけ」の次男役でデビューし、人気者に近年はドラマ、舞台、映画のほかナレーションやバラエティでも活躍。2人の息子との生活を綴ったブログ「お父さん日記」が47万アクセスを超す大人気で、2017年に書籍化も果たす。

◆◆引っ越し物語バックナンバー◆◆
←前回

Copyright (C) Landix. All Rights Reserved.

サイトマップ お問い合わせ スタッフ紹介 会社案内 ホーム